« 「鈴木省一 いしのまきのあさ」写真展観覧 | トップページ | 播州弁 その五十一 浜手言葉 »

2018年10月18日 (木)

姫路市市立美術館所蔵品展「日本画の世界」観覧

姫路市立美術館は現在改修中のため閉館している(2019年2月末まで)。ということで、現在、イーグレひめじ地下1階の姫路市民ギャラリー特別展示室で、所蔵品展を開催している。美術館内でも、度々やっている無料の催したが、やや点数が多い。

今回は26点。なかなか見ごたえのあるものばかり。私は、酒井抱一「雲雀に春草図」、橋本関雪「貴人対面図」、松岡映丘「伊衡の少将」、三木翠山「祇園会」、朝見香城「白鷺城」、池田遙邨「華厳」等が目についた。

観覧無料だし、時間が許せば、ちょっと行ってみて欲しい。2018年10月21日まで。

|

« 「鈴木省一 いしのまきのあさ」写真展観覧 | トップページ | 播州弁 その五十一 浜手言葉 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67287074

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路市市立美術館所蔵品展「日本画の世界」観覧:

« 「鈴木省一 いしのまきのあさ」写真展観覧 | トップページ | 播州弁 その五十一 浜手言葉 »