« 「石ノ森章太郎とジュン展」を観覧 | トップページ | 姫路市市立美術館所蔵品展「日本画の世界」観覧 »

2018年10月18日 (木)

「鈴木省一 いしのまきのあさ」写真展観覧

先日、案内していた姫路文学館で催されている「鈴木省一 いしのまきのあさ」写真展を観覧してきた。

宮城県石巻市が、東日本大震災の被害を受けて7年。その後の石巻の朝の風景をカメラで写し取っている。よって「すべてが青」だ。ある意味、異様だが、それが写真家が感じる心象風景なのかもしれない。

孤独で寂しい寒々しい「青」。でも、「青」い朝は、すべての始まり。やがて「赤」に染ませるべく多くの人たちが頑張っていることを表現しているのだろうか。

東北の秋は、西日本の秋とは異なるだろう。冷たい風に吹かれつつ、彼らは生きている。私たちに何ができるだろうか。明日は我が身なのだ。

2018年10月28日まで。

|

« 「石ノ森章太郎とジュン展」を観覧 | トップページ | 姫路市市立美術館所蔵品展「日本画の世界」観覧 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67287030

この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴木省一 いしのまきのあさ」写真展観覧:

« 「石ノ森章太郎とジュン展」を観覧 | トップページ | 姫路市市立美術館所蔵品展「日本画の世界」観覧 »