« 新しいCDカセットレコーダーを買う | トップページ | 第67回姫路城菊花展(2018)に行く »

2018年10月20日 (土)

三木美術館『牧進展』を観覧

久しぶりに三木美術館(姫路)に行ってきた。今、開館10周年記念展として『牧進展』を開催している。牧進氏とは、三木美術館の創設者の三木茂克氏(故人)と短期的だが濃密に交流があったらしい。三木氏は、牧進氏の、花鳥風月を繊細に描き、その装飾性を愛したらしい。

今回は、日本画18点を展示。そのほとんどの題材が、植物や花である。対象に花を好むのは女性画家に多いが、日本画も昔から対象は花鳥が多い。ただ、私的には、華やかな花より、その構図の面白さに関心がいく。様々な構図を考えておられる。

構図を分析すれば、現代アートに転化できるかもとも思わせる。絵の好きな人たちに、多くのヒントを与えるかもしれない。2018年11月18日まで。

なお、二階のアートスペースでは、「TAKAKO OHO」展が催されている。銅版画、絵画、陶アクセサリー等。繊細な作品ばかりで、女性が好みそうなもの。こちらは11月11日まで。

|

« 新しいCDカセットレコーダーを買う | トップページ | 第67回姫路城菊花展(2018)に行く »

姫路と播磨」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67293100

この記事へのトラックバック一覧です: 三木美術館『牧進展』を観覧:

« 新しいCDカセットレコーダーを買う | トップページ | 第67回姫路城菊花展(2018)に行く »