« 観光消費第一主義の危うさ | トップページ | モンブランが倒産!2018 »

2018年10月23日 (火)

男の自惚れ~万葉集より

日頃、見慣れている異性が、場面が変わって、オシャレしている姿を見ると、驚くことが多い。昔、中年のおばさんがパートで勤めていた。その人は実務的に仕事をてきぱきと、こなしていたが、ひつっめ髪で、風采は上がらない感じだった。

ところが、ある日、パーティが催されることになり、当日、あまり見たことがない美人がいるなあ、と思っていたが、それが、あのおばさんだった。いつもと違って、化粧も施し、オシャレな服を着て参加していたのだ。これには、誰も、びっくりした。どう見ても、同一人物とは、じばらく思えなかった。

さて、男というのは、まず外見で判断する。まあ、これは女性もそうかも。ただ、最近のことは分からないが、一般に男は選んだ女性を自慢することは少ない。むしろ、他人には、卑下して表現することが多い。

ところが、嫁自慢する人もいるにはいる。お目出度い感じもしないではないが、本人が幸せであれば問題はない。そう思える人は確かに幸せだろう。

万葉集にも、次の話がある。歌垣の集まりでの話である。歌垣というのは、一種、祭りのようなもので、歌を掛けあい、踊るもの。そして、恋愛の場でもあった。それは現代も同じ。わいわいやって、熱くなる。その結果、男女の愛が生まれる。

祭りというものは、豊年を祈願したり、感謝するものだが、段々、それが男女が知りあう場となった。それは何も独身同士に限らず、夫婦者も含めてだ。当時は、性の解放が進んでいたとも言える。

その中で、住吉の歌垣も有名であった。昔、そこに氏名不詳だが、一組の田舎の夫婦がいた。ある時、歌垣の集いがあり、地域の男女が集まって野遊びしていた。その中に、例の夫婦も参加していた。ただ、当時は、別居婚であるから、別々に参加した。

ところが、妻の姿を見て、びっくり。あまりにも、いつもの容姿と異なり、他の女と比べても抜きん出ている。日頃、農作業で真っ黒な顔も、化粧して、派手におめかししている。それを見て浮気心も萎えて、いよいよ妻を愛するようになったとさ。それで直接口に出して褒めて詠んだ次の一首。

住吉の 小集楽(をづめ)に出でて うつつにも

 おの妻すらを 鏡と見つも

「小集楽(をづめ)」とは、歌垣の集まりのこと。「鏡」とは、喩で、その光る様を示す。とにかく、その衝撃をうまく歌にしている。これは、男の自惚れと言えないこともない。

*追記

ある解説者によると、これは二人が田舎者だったための錯覚だと指摘している。まあ、そうだとしても、少し言いすぎかも。

|

« 観光消費第一主義の危うさ | トップページ | モンブランが倒産!2018 »

男と女」カテゴリの記事

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の自惚れ~万葉集より:

« 観光消費第一主義の危うさ | トップページ | モンブランが倒産!2018 »