« 怪しい広告 | トップページ | 小栗上野介とその妻 »

2018年10月11日 (木)

播州弁 その五十 なんとなく意味が分かる言葉

今回は、播州弁ではあるけれど、なんとなく意味が分かる言葉。比較的、標準語と差異が少ないものを取り上げる。文字にすると分かりにくいものもあるけれど、会話の中だと、なんとか理解できる。

● 「おまはん」 → あなた、お前

● 「あむない」  → 危ない

● 「せやけんど」 → そうやけれど

● 「そないに」  → そんなに

● 「ちゃう」 → 違う

● 「どっこも」 → どちらも

● 「どんならん」 → どうにもならないこと

● 「ちーとま」 → 少しの間

● 「ないよんなる」 → なくなる

● 「なんもかも」 → 何もかも

● 「のーなる」 → なくなる

● 「はそむ」 → はさむ

● 「しゃしゃりでる」 → でしゃばる

● 「じゃまくさい」 → 面倒だ

● 「ひんね」 → 昼寝

● 「ぜっぺ」 → 是非

(接続詞)

● 「ほたら」 → そしたら

● 「へてから」 → それから

● 「ほな」 → そしたら

|

« 怪しい広告 | トップページ | 小栗上野介とその妻 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67261901

この記事へのトラックバック一覧です: 播州弁 その五十 なんとなく意味が分かる言葉:

« 怪しい広告 | トップページ | 小栗上野介とその妻 »