« 青臭いということ | トップページ | 端唄「とんとん唐がらし」と健康 »

2018年10月27日 (土)

信用できない小泉親子

信用できない小泉親子について記してみよう。親子とは、当然、小泉純一郎・進次郎親子だ。お二人とも、その発言は、勇ましいが、多くの思惑が感じられて、嫌な感じがする。もちろん、政治家である以上、ある程度の思惑や裏があるのは分かる。

まず小泉純一郎氏は、郵政改革を争点にして、選挙で勝った。その是非はともかく、国民も、ある程度、納得して投票した。だが、その後がいけない。多くの議席確保で、公約にないことを次々と法案を通し、ある意味、国民を裏切った。

今は、原発ゼロを盛んに主張するが、その裏の思惑が見え隠れして、全く信用できない。確かに、原発はない方がいい。だが、総合的エネルギー政策と廃炉問題をどのように考えているのか。ある人によると、彼は不勉強で何も考えていないという。

それは政権にあった時と変わらないらしい。要するに、政争の具として利用しているに過ぎない。その後も、思惑を隠し、与野党の議員たちと交流している。目的は国民を扇動し、政界をかき回しているだけ。政界に各種提案するのは容認するとしても、「仕掛け人」として、野党の動きを詮索しているような感じを受ける。元首相であった自覚がなく、品がない。

彼の息子の進次郎氏も、親と同様、男前を活かして、その話ぶりは、一般庶民受けして、人気があるが、風見鶏気質は親と同じだ。一般人向けに話はうまいが、内容はない。芸能人と勘違いしていないか。それに、残念ながら、彼も、親と同様、政策をしっかり学んでいる雰囲気はない。つまり真っ当にリーダーを張れる資質は持ち合わせていない。

それなのに、何の目的か不明だが、野党に秋波を送るなど、嫌な奴という感じ。将来、政界の寝業師を目指すのなら、ともかく、勿体ないことだ。わざわざ、人間の質を落として、裏側に回るのなら、表での政治活動は控えるべきだ。人間、両方はなかなか、こなせないものだ。

私達も、この親子の耳障りのいい発言は、額面通り、受け取らない方がよさそうである。

|

« 青臭いということ | トップページ | 端唄「とんとん唐がらし」と健康 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67316706

この記事へのトラックバック一覧です: 信用できない小泉親子:

« 青臭いということ | トップページ | 端唄「とんとん唐がらし」と健康 »