« 姫路城関連ニュース 2018年11月分 | トップページ | 渋谷村の大騒ぎ 2018 »

2018年10月30日 (火)

戦中・戦後の不明なこと~『昭和の怪物 七つの謎』

親もそうだったが、戦時中のことは、ほとんど話さなかった。時々、外征していた学校同期の人が訪ねてきて、ひそひそ話をしていたが、母や私が、部屋に入ると、話は中断した。父は、国内の軍事訓練だけで、外征には行っていないので、友達から聞きだそうとしたのかもしれない。

そのように、軍事に関与した人は、戦後、ほとんど沈黙を守った。それがため、真実が伝えられず、一部の声の大きい人たちによって、捻じ曲げられた。それは真実を隠し、嘘を伝えた軍人たちの話を、そのまま伝えた。概ね、そのような軍人は、現地で、あくどいことをしたり、虐待・虐殺に関与していたと言われる。

それでも、なかなか真実は分からない。だが、戦後も約70年以上経って、鬼籍に入ろうかという人々が真実を伝えるようになった。保坂正康氏は、当時の政界・軍部のトップ層にいた人たちを、いろんな角度から取材し、読み取り、分析した書籍に『昭和の怪物 七つの謎』がある。内容は次のようになっている。

第一章 東條英機は何に脅えていたのか

第二章 石原莞爾は東條暗殺計画を知っていたのか

第三章 石原莞爾の「世界最終戦論」とは何だったのか

第四章 犬養毅は襲撃の影を見抜いていたのか

第五章 渡辺和子は死ぬまで誰を赦さなかったのか

第六章 瀬島龍三は史実をどう改竄したのか

第七章 吉田茂はなぜ護憲にこだわったのか

詳しい内容については、記さないが、いろんな戦中・戦後史を読んでも、もやもやがあったが、これを読んで、かなりすっきりした。結局、歴史観や哲学のない人をトップにしてはならないと強く感じる。多くの人に目を通してほしい書籍だ。

*追記

結局、言えることは、安倍改憲は、「日本国憲法」の成り立ちから言って、「天皇」の存在を否定することになる。よって、現在の自民党政権は、「非保守」ということになる。

戦後、日本は、「天皇」の存在と「日本国憲法」の成立により、日本の分割統治は避けられたことを国民は忘れてはならない。同時に、「日本国憲法」は、「天皇の存在」を守った。それに手を入れることは避けなければならない。

後は、従来のように、解釈により、憲法にぶら下がる各種法律を整備することで、各種矛盾は避けられる。

|

« 姫路城関連ニュース 2018年11月分 | トップページ | 渋谷村の大騒ぎ 2018 »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67327516

この記事へのトラックバック一覧です: 戦中・戦後の不明なこと~『昭和の怪物 七つの謎』:

« 姫路城関連ニュース 2018年11月分 | トップページ | 渋谷村の大騒ぎ 2018 »