« 新聞の現在に思う 2018 | トップページ | 「石ノ森章太郎とジュン展」を観覧 »

2018年10月18日 (木)

泥沼の銀行系投資信託

拙ブログでは、投資信託での運用は薦めていない。自らの経験でも、運用実績は、詳しく計算していなかった。ところが、先日計算してみると、通算でプラマイゼロと思っていたが少しマイナスだった。これは投資先としては明らかに失敗。

もちろん、投資信託で利益を上げている方もいるだろう。流風だけ、駄目なのかもと思わないでもないが、金融庁からも指摘があったようだが、銀行系投資信託は、実質破綻している。そのため多くの投資家は、運用赤字が続いている。

以前、知りあいで、退職金に信託銀行から勧められて、多額の投資信託に投資して、相当の損失を出していると言っていた。その後は、担当者が代わり、追及しても「投資家の自己責任」ということで銀行側は逃げてしまう。なんと無責任なことか。

今も、その様子には変化がなく、信託銀行の投資信託の運用は「自転車操業」の状態らしい。すなわち、運用に失敗した投資信託の穴埋めに、異なる投資信託を開発して、勧めるが、それも赤字。まるで泥沼に預金者を引き摺り込んでいる風。

金融と証券の融合が始まって、かなりの年数が経つが、銀行は投資運用に、いつまでも疎いということかもしれない。証券と金融の融合は、見事に失敗している。預金者は、銀行のアドバイスを無視した方がいい。なぜなら預金者のことなど全く考えていないから。

*追記

また証券会社経由の投資信託でも、銀行が運用する投資信託は、同様に投資を避けた方がいい。

|

« 新聞の現在に思う 2018 | トップページ | 「石ノ森章太郎とジュン展」を観覧 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泥沼の銀行系投資信託:

« 新聞の現在に思う 2018 | トップページ | 「石ノ森章太郎とジュン展」を観覧 »