« トップ外交の難しさ | トップページ | 世界地図から抜け落ちる朝鮮半島 »

2019年7月24日 (水)

2019年、参議院選挙結果を見る

参議院選挙が終わった。10代の投票率が低いという。まだ投票の大切さが分からないのだ。でも、今回のように、新しい政党が生まれたことは、一人の一票がムーブメントになれば、大きなことができることを忘れてはならない。

さて、与党全体では若干減らしたものの安定した戦いぶりであったと言える。ただ人材不足の傾向は変わらない。いずれ日本維新の会のような新興勢力に食い込まれる可能性は高い。そうなると、かつての与党の主張は続けられないかもしれない。

立憲民主党は、勢力を伸ばしたとはいえ、自民党の三分の一程度。まだまだ非力だ。その理由は主張が国会討論でも選挙活動でも、一般国民に分かりにくいことだ。その大きな要因は官僚言葉や専門言葉が多過ぎることだ。もっと一般人が使う言葉で具体的に分かる言葉で説明しないと多くの共感は得られない。また中小企業支援等を基盤に具体性を持った活動で地域基盤を強化する必要がある。

与党の公明党は、強い支持層により、その主張に中身はなくても、今回のように投票率が低ければ、選挙は楽勝である。ただ長期的には期待できる政党ではない。

日本維新の会は、個性の強い政党で、元々大阪の地域政党からでてきた。その改革の意志は、ある程度理解できるものの、その主張は曖昧だ。政策を十分練り込まないと、改革には至らない。ただ、国民の選択肢が少ない現状、今後も議席は一定程度伸ばしていく。

共産党は、その主張は分かりやすく、一部女性の支持層から強い支持を得て、イメージ転換しつつある。ただ、かつてのイメージが払拭できたわけでもない。党の理念と党勢拡大のギャップに今後も悩むことになる。

その他の党は、国民民主を含めて、分かりにくい。よって、新しいリーダーが出ない限り、党勢拡大はない。また今回生まれた新党も、主張自体は理解できるが、限定的な支持に留まるとみている。

 

|

« トップ外交の難しさ | トップページ | 世界地図から抜け落ちる朝鮮半島 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トップ外交の難しさ | トップページ | 世界地図から抜け落ちる朝鮮半島 »