姫路と播磨

2017年5月30日 (火)

『老いる家、崩れる街~住宅過剰時代の末路』を読む

姫路でも、元々は商業施設であった跡地に市街地にマンションを建てる動きが活発である。人口減少下、コンパクトシティを目指しているのかもしれない。結果的に、人の流れが大きく変わるかもしれない。

ただし、以前にも記したようにマンションは資産として考えるには多分に疑念がある。長期的には、所有者も変わるだろうし、持ち分以外にも、共通利用区分に管理費や修繕費が求められる。本来、修繕費は高くつくはずだが、購入時はなぜか低く抑えられ、修繕時に慌てて追加徴収する事例が多い問題もある。

10年以上前に、都市部に持っていたマンションを、これらの負担が大きいので、二束三文で売却した。確かに大きな売却損であったが、今から考えると正しい判断だったと思う。都市部では、住宅は借りる方が正しい。借家賃がもったいないと考えない方がいい。

他方、中古戸建空き家住宅は、たくさん存在している。なぜか中古住宅のまま流通はしていないように見える。更地にして新しい家を建てる動きも増えているような気もするが、これでいいのだろうか。

そういうことを改めて考えていたら、最近、マスコミの方がよく取り上げる野澤千絵著『老いる家、崩れる街~住宅過剰時代の末路』を購入して読んだ。記事で本を購入するのは私としては珍しい(書評ではないけれど)。

日本の住宅政策の誤りを鋭く指摘している。現在、約820万戸の空き家がある。野村総合研究所の予測では、2033年には、3戸に1戸が空き家になる(約2170万戸)と言っている。予測通りにはならないかもしれないが、かなりの空き家が生じることは間違いないだろう。

そう考えると、現在、明らかに、新規にマンション、アパート、新築住宅、全て造り過ぎ。その結果、住宅ストックが増えすぎて、国は、将来、空き家対策で悩むのかもしれない。それは単に住宅だけの問題ではない。災害、インフラ、社会サービス、公共施設、地域コミュニティ、生活環境にまで深く影響する。

この危機感は、国や地方だけでなく、私たちも持たないといけない。市街化調整地域の抑制も求められるだろう。確かに、マスコミが強い関心を持っている書籍だけの読みがいはある。空き家増加は、私たちの生活に大きく影響することは間違いなさそうだ。多くの方に関心を持って頂きたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の鶯 2017

毎年のことだが、5月の末から6月の初めになると、また鶯がやってくる。春の鶯の鳴き声は、どこか頼りないが、今の時期は、鳴き方も、しっかりしている。だが、梅の実の成るころの鶯は風情という点では劣る。

それに、かなり高い鳴き声は、若干うるさくもある。今年は、梅雨の時期というのに暑い日が続いているから余計だ。そういう人間様の気持ちは知らず鳴き続けている。蝉が鳴き始まるまで続くのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

姫路市立動物園が、ステージ出演者募集中

初めて知ったのだが、姫路市立動物園が、園内施設を使ったステージ出演者を募集している。園内施設を使って、イベントやステージショーを行うことができる。

ステージ利用料は無料だが、一、非営利目的に限る、二、他の入園者の利用や園の運営を妨げる行為はできない、三、施設利用料はかからないが、必要な物品機材・人員・費用等は自己負担になる、四、その他の使用上の「注意事項」を事前に確認し遵守する必要がある、等の条件がある。

どちらかと言うと、子供向けの催しがいいとは思うが、関心がある人は、直接、動物園に問い合わせてほしい(079-284-3636)。利用申し込み受付は、使用予定日の6か月前から2週間前としている。

その後、利用したい方は、直接、動物園事務所に連絡、訪問して(9時から17時)、相談・打合せすることになる。また、電話、郵送、FAX、メール等だけの申し込み・予約・仮押さえはできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

シャクヤク咲く 2017

少し前から、シャクヤクが咲いているのだが、記すのを忘れていた。深紅のシャクヤクは色が映える。ただ一部移植したものは、咲かなかった。また、新たに植えた白いシャクヤクは、まだ蕾のままだ。待て切れず、花屋で、切り花を買って玄関に飾っている。

ボタンは、同じところに植えていると、うまく咲かないことがあるので、移植すると咲くことが多い。それに対して、シャクヤクは、移植すると、株分けのためか、咲かないことが多い。仮に咲いても花が比較的小さい。

よって、前から植えているところは、年々、花の大きさが大きくなる感じ。ただ、あまり大きくなると、茎で花を支えられなくなるので、適度な大きさにする必要がある。そこで、株分け。来年は、いろんなところに植えたシャクヤクで、にぎやかになる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

今年は多い出現のジャコウアゲハ

毎年、ミカンの花の季節になると、やって来るジャコウアゲハ。いつもは、他のアゲハチョウと比べて、あまり見かけることはないのだが、今年は、非常に多い出現率。雨の日は分からないが、晴天の日は、毎日のように見かける。

それは雄だったり、雌だったり、大きい個体、小さい個体、様々で、一つの個体ではない。飛び方に特徴があり、すぐわかる。産卵が多かったのだろうか。彼らにとって環境がよくなったのだろうか。

咲きだした夏みかん、スダチ、レモンの花だけでなく、様々の木の間を心地よく飛んでいるように見える。その時だけ、雑草抜きの手を止め、じっくり眺めることにしている。彼らのダンスは、少し、癒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番藤右衛門のこと

以前、池田利隆に家老として仕えた番大膳のことを取り上げた。そもそも、番家が、池田家に取り立てられたかを一応、記しておこうと思う。番大膳の父、番藤右衛門は、池田輝政時代に仕えた、馬屋頭であった。

主人の池田輝政が、輝政の父・恒興、兄・元助と共に、1584年の小牧長久手の戦いに秀吉方として、参戦する。総大将・豊臣秀次と共に、駒を進めたが、家康側に奇襲されて、敗走させられ、先方隊の池田隊にも、攻め込んでくる。

圧倒的に不利な状況で、死闘を繰り広げるが、父・恒興、兄・元助は共に戦死。この報を聞いた輝政も、後を追って切りこもうとしたが、馬の口を執っていた蕃藤右衛門が「ここで主君を死なせるわけにはいかない」と馬の口を話さなかった。

輝政は、怒って、鞭を藤右衛門にあて、大暴れするも、彼は血だらけになっても、決して馬の口を離そうとしなかった。そのお蔭で、輝政は、戦場が脱することができた。それなのに、輝政は、藤右衛門を恨んだ。

すなわち、死すべきところで死ねなかったことを悔いたのだ。そのため、彼に対して、生涯、加増しなかったという。結局、番藤右衛門は、大小姓頭として、三百石取りで終わっている(三百石が高いか低いかという議論はある。要するに家老にはしなかった)。輝政の頑なな姿勢が読み取れる。

ところが、代が代わって、利隆の時代になると、番家は取り立てられ、家老に遇されてる。池田家も、番家があっての家名の存続と理解したのだろう。頑固親父には困ったものだ(*注)。

*注

あるいは、池田輝政は、取り立てたかったが、周囲とのバランスで、できなかったのかもしれない。それで、利隆に、彼の子供を取り立てるように申し送りしていたとも考えられる。いずれにせよ、番一族は、肝の座った人が多かったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

姫路市が外国人旅行者向けに、英語の交通地図を作製

先日、神姫バスに乗っていると、若い運転手の方が、英語、中国語、韓国語で、流暢に話されていて少しびっくりした。姫路も、国際都市になったのかと(笑)。もちろん、このような運転手ばかりではなかろう。外国人観光客の方々から話しかけられて、十分対応できないケースも考えられる。

そこで、姫路市は、外国人旅行者向けに、英語の交通地図を作製した。それが“Himeji Transportation Guide”というもの。先日、観光案内所で、一部もらってきた。それは、まずJR姫路駅構内の案内に始まり、姫路駅を降りたところの、バス停留所、タクシー乗車場所も示している。

更に、姫路の主たる観光地に行くバスルートマップ、所要時間、料金、バリューチケットや、タクシー料金の目安なども示されている。また、バスの乗り方も細かく紹介している。

このように外国人観光客が、基本的に尋ねたいことなどが網羅されている。今後も、旅行客の要望を聴きながらバージョンアップさせていくことが望まれるが、現状、よくできていると思う。外国人観光客の方は是非、手に取ってほしいと思う。

*追記

ちなみに、一般の日本人旅行客向けの、このようなパンフレットは作られていない。ややちぐはぐで片手落ちの感じはする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

アリゲーターガーを釣った人

本日(2017年5月12日)付のニュースになっているものに、姫路の男性が、「アリゲーターガー」を釣ったという話題。兵庫県揖保川下流域(たつの市)のウナギ保護区で、巨大外来魚「アリゲーターガー」が出没し、以前から問題になっていた。

「アリゲーターガー」は、アリゲーターの名の通り、鋭い歯を持つ獰猛な肉食魚だ。誰かが飼い続けることができなくなって、放流したもののようだ。大変な迷惑なこと。輸入の生き物の扱いが国として甘いから、こういうことが起こるとも言える。

それはともかく、対策として、地元漁協が捕獲作戦を何回か、していることは以前にも報道があり、知っていたが、いずれも失敗していた。そのことを5月1日の新聞報道で知った姫路市在住の釣り歴25年の32歳の男性(氏名は非公表)が、それならと、「アリゲーターガー」の習性をインターネットで調べた。

その後、翌日、揖保川支流の中川に行き、釣り禁止区域を調べ、ウナギ保護区の下流で、タチウオ用のワイヤとチヌ用の針を使い、餌はサンマの切り身を仕掛けたところ、約40分後、当たりがあり、一気に釣竿を立て、格闘すること、約10分で、仕留めたという。5月2日午後10時頃だったらしい。体長1.09メートル、重さ9.6キログラムだった。

地元漁協は、大規模な駆除作戦をしたものの、6度、試みたが、成果が得られていなかった。ひとまず胸をなでおろしているらしい。流風に釣りの趣味はないが、この男性の心意気を高く評価したい。このような釣りのプロが姫路市にいらっしゃるのは喜ばしいことだ。

感謝状でも贈られるのかな。こういう人がいるのなら、懸賞にしてもよかったのかもとも思う。世の中、それぞれの分野で趣味のプロもいる。でも漁協もプロの集まりのはずだが(笑)。習性を調べた知恵の差と言うべきか。

*追記

報道によると、アリゲーターガーを釣った人は食べたかったらしい。まあ、気持ちは分からぬでもない。その後、この魚は、漁協で保管され、近く、姫路市立水族館で解剖するらしい。胃の内容物を調査するためだ。アリゲーターガーについては、同館が、18年に亘り、飼育してきたが、生態が不明な点が多く、雌雄の見分け方や繁殖方法も不明らしい。

*追記

その後の報道によると、アリゲーターガーを解剖したものの、胃の内容物はなかったらしい。よって、捕食行動の解明にはつながらなかった。つまり、冬の間は活動していなかったと推定される。一応、動き出す時期だけが判明したことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

『ひょうごの美ほとけ~五国を照らす仏像~』展の案内

昔は、少し仏像に関心があった。関係書籍も、何冊かある。その形状や、印を結んでいる様子を見て、これは何を意味するのかなどを調べたりしたものだ。確かに、それぞれの仏像には、それぞれの意味があるのだろう。

だが、基本的に偶像に過ぎない。もちろん、偶像には、それなりの役割がある。お墓や位牌同様、遺された者が、先祖と対話する手段にはなりうる。その心の交流の手段が、案外、軽んじられているのは少し残念だ。偶像無しに、自らと心の会話できるのが、ベストだが、いつも、そうできるとも限らない。そう意味では、仏像にも存在価値があると思う。

今回、兵庫県立歴史博物館で催されている『ひょうごの美ほとけ~五国を照らす仏像~』展は、宗教的に見る人もいるだろうが、仏像を美術品として紹介している。兵庫県下にある秘仏を中心に、滅多に見られない仏像が並ぶ。かなり前に、同様の展覧会が開かれたが、久しぶりの感。

それぞれが、どのような経過で制作されたのか、あるいは、なぜ秘仏なのか、いろんな関心をもって見るのもいいかもしれない。兵庫県下の各地の全ての仏像を見るのは、現実には大変なこと。仏像ファンは見逃せないと思う。ただ、私自身は、仏像に関心が薄くなっているので、行くべきかどうか少し迷っている。多分、さっと眺めて終わりとなりかねないから(笑)。

2017年6月4日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

播磨地域も自転車で活性化

ちょっとしたサイクリングブームらしい。そういうこともあって、姫路市は、播磨圏域連携中枢都市圏(*注1)の各市町の公共交通機関のバス停や鉄道駅から観光地までつなぐ「はりまクラスター型サイクルスタイル」の構築を推進しているという。

元々、播磨圏は、移動手段として、鉄道やバスはあるものの、それ以外は車の移動に頼っており、交通網としては十分ではない。そこで、それを補うため、自転車の活用を考えているようだ(*注2)。それを今回は姫路市だけでなく、西播磨圏まで広げる試み。

まず地元の交通事業者と連携して、「サイクルエイドステーション」の整備や、サイクリングのモデルコース(*注3)を検証するとしている。

「サイクルエイドステーション」とは、サイクル観光を楽しむ人たちのために、サドル引っ掛けタイプのサイクルスタンドを設けたり、組み立てや簡単なメンテナンス(空気入れやパンク修理)ができる用具の無料貸し出しなどをする。ただし、メンテナンスは、利用者自身でするというもの。

「姫路駅前サイクルステーション」(神姫バス姫路駅旧待合所)では、これらに加えて、レンタルクロスバイクの貸し出し、広域観光ルートの紹介、更衣室での着替え、手袋、パンク修理用リペアチューブなどの小物販売も行っている。

その他の「サイクルエイドステーション」は、主要バス停留所に展開。現在のところ、神姫バス山崎待合案内所、農家レストラン「且緩々」、書写山ロープウェイ山麓駅、道の駅はりまいちのみや、(株)あさひ(姫路東店、姫路大津店、飾磨店、名古山店)、神河町観光協会の10か所。

なお、中距離対応型レンタルクロスバイクの貸し出しは、神姫バス姫路駅旧待合所以外に、神姫バス山崎待合所、農家レストラン「且緩々」、書写山ロープウェイ山麓駅でも行っている。

サイクリングブームを活かして、これらの施策で、播磨地域での観光の幅が広がれば、言うこと無しだ。それに伴う各種サービスも生まれるかもしれない。地域活性化に、大いに期待したい。

*追記

播磨の自転車観光についてのコンセプトとしては、「bGo(ビーゴー)」というイメージデザインしている。デザインは、加西市出身の北川一成氏によるもの。播磨の別称「播州」や自転車の英語表記の「bicycle」の「b」と、自転車で観光地を巡ろうというメッセージ「Go」を込めたものらしい。

*注1 

播磨圏域連携中枢都市圏とは、西播磨地域8市8町(姫路市、たつの市、宍粟市、相生市、加古川市、高砂市、加西市、兵庫県市川町、福崎町、神河町、佐用町、太子町、上郡町、稲美町、播磨町)を対象とする。

*注2

姫路市では、既に、レンタサイクルや姫ちゃりを展開しているが、必ずしも地域をカバーしているとは言い難い。更に、播磨圏域連携中枢都市圏に広げると、全く不十分で、これが観光の障害になっている。

また、長距離サイクリングの利便性を図っているとも言える。

*注3

姫路市では、2017年5月8日から、「はりまサイクリング紹介マップ」を無料配布するようだ。街歩き・町歩きマップと共に、広く普及することを望みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧