姫路と播磨

2017年3月25日 (土)

結果から現象の把握

まさか人口が減少気味の地方都市の姫路市で、保育園問題が起こるとは思わなかった。私立認定こども園が、不正をしていたのだ。定員外で22人を不正に受け入れ、食事は正規人数の分しか手配していなかったという。結果的に、一人当たりの食事は非常に少なく、成長盛りの子供たちに十分な食事が与えられていなかったという。

その他にも不正があり、認定は取り消されるようだが、困ったことだ。元々、この認定こども園は、認可外保育施設として12年間運営。家族的運営は、それなりに評価を得ていたようだが、規模を大きくするため、公的補助を受けられるよう偽装をしたという。報道によると、園長一人で仕切っており、運営自体に無理があったように思う。

今回は定期監査に加えて、抜き打ち監査で問題が発覚したようだがも飾磨地区は比較的人口が増えているらしく、行政としても、より注意が必要であったかもしれない。国全体でも、そうだが、人口増加地域は問題を起こしやすいのも確かだろう。

ところで、昔の話に次のようなものもある。韓の宣王は、彼の馬が、たくさんの豆や穀物を与えているのに、ひどく痩せていることに疑問を持ち、臣下に尋ねると、彼は次のように答えた。「馬飼いの役人が、きちんと穀物を与えていれば、馬が肥えないということはありえません。すなわち、表向き、たくさん与えたことになっても、少ししか与えなければ、痩せないように願ってもあり得ません。殿は、実情も調べず、放置していれば、何も改善しません」と(*注)。

多分、馬飼いの役人が、穀物等を横流ししていたと推定できる。子供を預けていた親たちも、子供の体重が一向に増えないことに対して疑問を持っていた人もいるようだが、もっと早く気づくべきであったかもしれない。また行政側は、性善説で対応していたというが、「信用して信用せず」の姿勢は必要だろう。人間というものは、悪意はなくても、ちょっとしたきっかけで過ちを犯すものだから。

*注

出典 『韓非子』外儲説

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

鶯の初鳴き 2017

朝起きて、朝食の準備をしていると、少しの間だが、鶯の初鳴きが聞かれた。例年の如く、どこか頼りない。でも、鶯が鳴くと、本当に春が来たのだなあと思う。そうした中、梅の花が、はらはらと散っていく。梅に鶯とは、よく言ったものだ。ただ、鶯は梅の花ではなく、電線の上で鳴いているようだ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

春の花が少しずつ開花 2017

梅の花、沈丁花の花に続いて、少しずつ花が咲いている。まず、ヒイラギナンテン。黄色い小さな花だ。これは昨年、根分けして、あちこちに植えたので、あちらこちらでも咲いている状態。スイゼン、クロッカスは、梅の花が咲く前から、少しずつ順次咲いている。

後は、ユキヤナギが咲き始めた。少し環境の厳しいところに植えていたので、昨年末に植え替えた。植え替え効果は来年以降だろう。その他では、源平桃、木瓜が蕾を大きくしている。

また今開かれている「ひめじ緑いち」で、黄色とピンクのバラを購入。咲いた状態だったので、少し賑やか。少し前に買った赤いミニバラも、蕾を大きくしている。もう少しすれば、全体が春の花で賑やかになる。

*追記

アセビは少し元気がない。花が咲かないかもしれない。手を入れるとしよう。また、花桃もアセビほどではないが、少し元気がない。剪定ミスか肥料が少なかったか。こちらの方は当面放置。なかなか、全ての樹種が元気であるのは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

沈丁花咲き始める 2017

咲くのが遅い我が家の梅も、やっと満開だ。品の良い微かな香りを漂わせている。他方、新聞報道では、もう各地に沈丁花が咲いたとのこと。我が家にも、一本だけ植えているが、やっと咲き始めた。今のところ、三分咲き。よって芳香は未だ感じ取れず。

沈丁花の花は満開になると、一面に香りが漂う。一本の沈丁花であっても、結構、匂いは拡散する。この花が咲くと、近くに女性がいる風情(笑)。街を歩いていると、時々、濃厚な香水を漂わせた女性と遭遇するが、それとは異なる好い香りだ。

この沈丁花も育てるのに失敗したことがある。園芸屋に尋ねると不思議そうな顔をされたのが記憶にある。割と育てやすいのだ。後で分かったことだが、失敗したのは移植したことがまずかったようだ。木々によっては、移植することで勢いをます樹種もあるが、沈丁花は、一旦植えたら、移植しない方がいい。

そういうことで、現在は今の場所に落ち着いている。手入れとしては、花後の処理と、その時に肥料を適切にまく。それで、後は何もしていないが、その後、木の成長は遅いが、毎年、花を咲かせている。今年も、満開まで、もう少し。その芳香が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

最近の姫路城関連ニュース 2017年 第一期

今回から、姫路城関係ニュースを四半期ごとにまとめてみる(情報源は主として神戸新聞より。各種催し情報は除く)。今回は、第一期(2017年1月から3月まで)。

●好古園が2017年3月9日に、累計500万人を突破。姫路城のグランドオープン以降入園者が急速に増えた。これは姫路城との共通券が浸透したことによる。

●兵庫県立大学の研究者らが江戸期の姫路城の居館や城下町などをコンピューターグラフィックスで復元。明治以降、陸軍の営舎が城内にできて、御殿や屋敷が撤去されたので、それを再現した。(現在も、姫路市立美術館が使っている施設は軍関係の建物で、イメージを壊している)。

●姫路城「三の丸御殿」を復元へ。千姫ぼたん園のある場所とされる。明治以降、陸軍により居館が撤去されていた。これから資料集めをする。御殿復元などに結びつく貴重な資料、情報提供者には謝礼金500万円を贈る。

●松江歴史館所蔵の絵図集「極秘諸国城図」に姫路城も収録されていることが判明。

●姫路城の鷹狩りを復活へ。江戸時代、鷹狩は、御三家などのの大名家のみ許された。池田輝政は、鷹狩を楽しんだという。姫路市には「鷹匠町」の地名も残っている。市立動物園の職員が鷹匠の「放鷹術」を習得していく。

●姫路城城内最大の櫓門である「菱の門」の内部(門の西側部分で番所詰め所)を公開。2017年3月17日まで。

●姫路市立城郭研究室が、姫路城の東側、喜斎門跡から三の丸広場に抜ける通路付近で、江戸時代の素掘りの遺構が見つかったと発表。遺構は、長さ約25メートル、深さ約1.5メートルで、敵兵の侵入を防ぐ竪堀だったと推定される。関ケ原合戦の後に、池田輝政が築いたとみられるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

梅の花咲く 2017

自宅の梅が、やっと咲き始めた。いつものことながら、周囲が咲いているのに、なかなか咲かない。樹種が異なるのかもしれないが、いつも待たされる感じ。でも、今年は、例年より少し早い。

とは言っても、昨年は、一昨年の剪定時期の誤りから、全く咲かなかった。その辺は、自然は厳しい。昨年は、剪定時期もそうだが、念入りに手入れして、今年は、いい状態で咲いている。まだ二分咲き程度だが、全体にバランスよく、蕾を膨らませている。

よって、他人に見せてもいいような、かなり満足な状態。カメラの趣味はないが、何か記録に残しておきたい。来年も、このように咲くとは限らないし(笑)。もう少し、咲き揃ったら、眺めながら、甘酒を頂くとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

いかなごの新仔漁、まもなく解禁 2017

いかなごのくぎ煮は、食欲がなくても、これさえあれば、ご飯が進む。最近は、冷凍品が年中、販売されているが、やはり新物の方が美味しい。今年も、春を告げる、いかなごの新仔漁の解禁がまもなく始まる。2017年は、3月7日の午前6時10分に、大阪湾並びに播磨灘で、統一解禁され、網入れされる。

これが始まると、地域では、いかなごのくぎ煮のにおいで溢れる。自宅用だけではなく、贈答用も含めて作られる方が多いから、結構な量を購入している。最近は、やや漁獲量が減っているから、取り合いになることもある。春の風物詩である。

私は、せいぜい加工されたものを購入するか、店で釜揚げのものを味わうぐらいだが、待ち遠しい。それを考えるだけで、よだれが出てきそう(笑)。

*追記

妻鹿漁港にある「姫路とれとれ市場」(坊勢漁業協同組合)では、解禁日より午前8時ごろから生いかなごが販売される。場所は、山陽電車「白浜の宮駅」下車し、南へ約1キロ。

ご存知の方も多いと思うが、そこでは、魚介類直売コーナーや加工品・特産品コーナーのほかに、バーベキューコーナーや、とれとれ食堂もある。観光のついでに足を運ぶのもいい。バーベキューコーナーは曜日によっては予約した方がいいかも(tel 079-246-4199)。

●注意● 2017年3月10日追記

残念ながら、下記催し「いかなごまつり」は不漁のため、中止になったそうです。

2017年3月18日土曜日に、大手前公園中央西部・グリーンゾーンで、坊勢漁業協同組合により、「いかなごまつり」が催される。時間は、10時30分から14時まで。

当日は、いかなごの試食コーナー、直売コーナー、飲食コーナーが設けられる。

◎試食コーナーでは、下記のものが無料配布される。

   いかなご汁 約2000杯

   いかなごのくぎ煮 約1500食

   いかなごの釜揚げ 約1500食

◎直売コーナー

   生いかなごを販売

    一人3キログラムまで

   その他に、牡蠣や水産物等

◎飲食コーナー

   姫路の魚類を使った食品等

いかなごに馴染のない方も、これを機に味わっていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズ咲く 2017

ずっと前に植えた記憶のあるクリスマスローズ。だが、枯れてしまって放置していたところ、昨年、頼りなく葉を出していたので、念のために別の場所に植え替えた。一株だけだが、少しずつ大きくなっていった。

そして、一昨日、見ると、一つだけだが、深紅の花を咲かせていた。以前、市立植物館で見たことがあるが、自宅で見ると、少し感慨がある。枯れたと思ったのに、咲いたということは案外強いのかもしれない。たくさん枯れさせた植物の中で復活したのは、少し嬉しい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

播磨の国の「風の神」と笑い話

一般に「風神」は、疫病や災害などの禍をもたらす。それに対して、「風の神」は風をつかさどる神様のこと。古代において、風は恐れられた。風は、農作物に大きく影響する。適度な風は、農作物を成長させるが、台風などの暴風雨は、作物に被害をもたらす。

古代には、風は神の息(後には御魂)と捉えられ、暴風を鎮めるために神を祀った。台風は、「多度の天の一つ目の神」と捉え、伊予~播磨~伊勢に「多々良の神」として祀られた。また海においては、航海安全の神でもあった。

播磨にも、かつて「風の神神社」があったとされる。「風の神」は大国主命の子供で出雲建子命ではないかと言われる。神社として祀っているのは、宍粟にある伊和神社とかが想起される。

その「風の神神社」での笑い話が伝わる。下り船の船頭が、祈願して、どうぞ追い風をと、請い願う。ところが、何日経っても風が吹かない。あまりにも風が吹かないので、神社の者に問いただす。

神主が言い訳するには、「ある人から上り風の所望があった。よって、まず上り風から、お吹かせになったのだ。さすれば、その次には、まもなく、その方の望む風を吹かすことだろう」と。神の立場は無視されて、神主によって神様も、嘘つきにされてしまう。

折角の神様も、それを運用する神主によって、変な解釈で、民を惑わす。あまり変な言い訳はよくないということを示している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

『ふるさとゆかりの美術展』(三木美術館)観覧

久しぶりに三木美術館に行ってきた。現在、展示されているものは、『ふるさとゆかりの美術展』と銘打っている。ふるさとの範囲は、兵庫県で生まれ育ったか、あるいはゆかりのある作家の作品だ。日本画、工芸品等で約40点展示。ゆかりの美術館としては、神戸に、神戸ゆかりの美術館があるが、それをミニ版にした感じだ。

作品は、どれも個性的だ。絵画は、清水公照、林重義、尾田龍、石阪春生、古家新、中西勝、林鶴雄、小松益喜、福本達雄。工芸は、山本一洋、西端正、西端末晴、勢州庄司、北出塔次郎、青野武市、酒井宗雅、和太守卑良、隠崎隆一、東山焼、珉平焼。

作品には、好き好きはあると思うけれど、気に行った作品はあるはず。じっくり見て楽しんでほしい。なお、五階の応接室から見る今の時期の姫路城もよかった。2017年5月21日まで。火曜日休館。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧