文化・芸術

2017年7月21日 (金)

平均点教育の限界

学生時代、クラスに勉強もできるし、スポーツも万能という者がいた。いつも羨ましいなと遠くから眺めていた。彼は、特別努力せずとも、何でも、すっと理解できるようであった。後に、東大に進学したと聞く。できる人というのは、そんなものだろう。塾に行って、詰め込み教育して進学するのとは全く異なる。

彼は、高いレベルで平均点が高かったわけだが、問題は、平均点が60点くらいの者だ。今は知らないけれど、当時は、平均点教育がまかり通っていた。要するに平均して「可」レベル。そういう人間が私も含めて多かったと思う。義務教育というものは、そのようなものと学校側も判断していた。

つまり高い平均点を出す人間を探し出すことに、多くの学生が参加していたという風にも受け取れる。逆に、一科目は優れているが、他はからっきし駄目という人間は低く評価された。このような教育は、戦後、焼け野原になった日本での人材不足を補うためになされた教育政策だ。

ところが、戦後70年以上も経つのに、同じような思考をする人たちがいる。それは時代錯誤というものだろう。現在の環境に相応しい教育が求められる。情報化の時代には、知識はネットに溢れている。記憶力より、どう捌いて、いかにオリジナルを創造するかが問われる。

実際、スポーツや将棋の世界等では、情報力を活かして、若い人たちが、特別の能力を発揮して、大人顔負けの実績を残している。もちろん、彼らの中には、他の分野でも、学習すれば、高い平均点を出す人たちもいるかもしれない。

今でも、専門バカは駄目だという人もいるが、専門を極めた人が、人間的に駄目ではないだろう。道を究めるには、それなりの障害に打ち勝たなければならない。そこで、人間的なものは養われる(もちろん、適切にアドバイスしてくれる先人は必要だが)。そのように考えれば、専門化教育は、今こそ、求められる。これを従来の発想で否定してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

ツバメのおしゃべり

今年は、どういうわけか、スズメが多い。ドアを開けると、せわしなく飛び立つ毎日だ。日によっては、ツバメが、庭を何回も何回も旋回するとこもある。それを見ていても、割と飽きないものだ。何を情報交換しているのだろうか。

ところで、神戸新聞の読者の声「イイミミ」欄に「ツバメのおしゃべり」が紹介されていた。子供時代に、聞いたような記憶もあるが曖昧。少し面白いので、転載しておく(一部、編集)。果たして、耳をすませば、そのように聞こえるだろうか。

「坊ちゃん、嬢ちゃん、白いご飯に魚(とと)添えて、僕らは土食い、虫食い、口しぶ~い」

「ええしの子は、お米のご飯、魚(とと)添えて、わしらの子は、土食い、虫食い、口渋~い」

(「ええし」とは、家柄の良いとか良家の意)

「殿さん米食い、百姓麦食い、わしゃ土食い虫食い、口しび(渋)~い」

「スズメさんら、ええことよ。お米のまんまにじじ(魚)添えて、わたしら(ツバメ)つらいかい、土食って虫くちゃ(口は)し~ぶい!」

なお、民俗学者の柳田国男は、ツバメが軒の端で、さえずる声を聞くと、「ツチクテムシクテクチシーブイ」と聞こえると記している。昔の人は、皆、鳥の声に耳を傾けていたのだろう。

また、ツバメとスズメのお話として、「イイミミ」欄には、次のようなものも紹介されていた。

「ある時、ツバメとスズメが化粧しているとそれぞれの親の危篤の報せがありました。慌てたスズメは化粧を途中でやめ、死に目に会えました。ツバメは、化粧を完全に済ませてから行き、死に目に会えなかったのです。それで、スズメは顔の下(顎)が黒く、ツバメはきれいな顔をしています。ツバメは罰が当たり、ご飯や魚(とと)が食べられず、虫や土を。スズメは、お米や魚を食べている」

「神様が、ツバメとスズメに急用があるから、集まるように伝えた。スズメは、すぐ駆け付けたが、ツバメは燕尾服など身だしなみを整え遅れてしまった。すると神様は、スズメを褒め、「お前は一生生米を食べなさい」、ツバメには、「虫と土を食え」と命じたとか」

子供や孫たちから、母親や祖母に「ツバメとスズメの違い」を問われて、苦し紛れの回答をしたとも考えられるが、童話にありそうな話で、なかなか面白い内容。いずれにせよ、機会があれば、ツバメのさえずりを聞いてみるとしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

笑い顔のこと

子供時代、確か小学校時代と思うが、学校で集合写真を撮り、家に帰って、父に見せると、「なんや、お前だけ、笑っているやないか」と叱られた。本人は、そのつもりでなくても、そのように写っていたようだ。続けて、「男なら、もっとしゃんとせい」と言われた。

母は、「そういう顔なのだから、仕方ないやろ。多分、笑い顔なんやろ」と、とりなしてくれたが、ショックだった。それ以来、本当の笑い顔はできなくなった。笑うということが罪のようにも思われた。未だに、その笑いはぎこちなく、その棘は取れていないかもしれない。親は、子供に対して慎重に発言しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

蔵書処分 2017

久しぶりに蔵書の整理処分を行った。今回は、美術関係図録、歴史小説、建築デザイン関係が多かった。

美術の図録は、以前にも、かなり処分したのだが、今回は残っていた西欧関係の美術図録及び図書を処分。歴史小説は、小説としては確かに面白かったが、時代考証は曖昧なものが多く、今後、再読しないと思い処分。

建築デザイン関係図書は、欲しい人は欲しいのだろうが、持って行くところもないので処分した(以前、ある学校関係者に尋ねてみたが、なぜか強く拒否されたので、学校への寄贈は考えていない)。

姫路市では、本を引き取ってくれる公共施設はないので、粗大ごみとして処分するか、売るしかない。以前、神戸市に住んでいた時は、図書館が本の引き取りをしていたが、今は時代も変わり、やっていないかもしれない。今後は、処分をどうするか考えて、本を購入しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

子供時代の秘密基地

残念ながら、観に行くことはできないが、東京の新国立劇場では、三谷幸喜作・演出で、舞台『子供の事情』を10人の俳優たちが、10歳の子供を演じるという。子供社会の裏を描いたもののようだが、劇場は笑いが絶えないらしい。

さて、そんな、こましゃくれた子供でなかった時代、今のように公園などは整備されていなかったから、子供は、自分で遊び場所を見つけ、自分で遊びを創造しなければならなかった。確かに、親から与えられる積み木やおもちゃの類があるにはあったが、それらはお金持ちの子供に限られていた。

遊び場としては、田んぼや田畑であることもあったが、季節によって遊べないこともある。それでも、子供は、情報交換して、いろんな空間を見つけてくる。それは、建設資材置き場の土管の中だったり、土手と道路が交差する空間、廃墟になった工場跡、廃坑などであった。

ほとんどが立ち入り禁止で、危ない場所がほとんど。それらを「秘密基地」と称した。親には決して伝えられない秘密空間。時々、大人に見つかり怒鳴られたりするけれど、決してあきらめない(笑)。遊び場を発見した喜びに代えられるものはないのだ。

そして、そういう、ひやひや感もスリルとサスペンス。そこに、いろんな物を各人持ち込み、遊んだものだ。結構、危険な遊びもあった。よく事故に巻き込まれなかったものだと思う。子供は、場所さえあれば、いろんな遊びを考えるものだ。多くは他愛のないものだが、今は、そういう遊びをしている子供たちを見ることはほとんどない。

多くの親は過保護になっているのかもしれない。事故が起きれば、すぐに騒いで、遊べる場所が狭められる。子供たちは、本能的に生きる力は備わっていると思う。親たちは子供たちを過小評価していないか。そしてマスコミも含めて、騒ぎすぎないか。子供時代から子供を委縮させてはいけないだろう。子供の運命は子供が決めていいと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

劇場映画『マイヤーリング』を観る

ミュージカル『エリザベート』(東宝、DVD)を観ていなかったら、多分関心が行かなかったと思われる劇場映画『マイヤーリング』を最近観た。これはハプスブルク家に嫁いだエリザベートの息子のルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの心中事件を描いたもの。主演は、オードリー・ヘップバーン、メル・ファーラー。

帝国に生まれたルドルフ(メル・ファーラー)は、自由な気風に育った母親の影響で、想像力豊かで心は優しかったが、父親の軍国教育に馴染めない。どちらかと言うと、繊細で病気にかかりやすかった。母親のエリザベートも、どちらかというと、突き放す感じで、優しさはない。

そういう生き場を失った彼は、ある日、音楽会で、男爵令嬢マリー・ヴェッツェラ(オードリー・ヘップバーン)を見初める。但し、彼には、既に政略結婚で、気の合わない妻がいたから、これは不倫と言うことになる。彼は、穢れなき17歳のマリーを深く愛するが、皇帝は強く反対する。ローマ教会にも離婚を申し出るが、許可は下りない。

それから、いろんないきさつはあるが、終に、ウィーンの森の中にあるマイヤーリングにある狩猟館で、心中するというものだ。よって、美しい純愛物語ではない。ルドルフに同情できないこともないが、マリーを巻き添えにした罪は大きい。

だが、この映画を鑑賞する前に、エリザベートの知識がなければ、本当のところは十分理解できないだろう。ただ、この映画だけでも、オードリー・ヘップバーンの若き日の美しさだけは確認できる。1957年米国制作。白黒劇場映画。

*追記

なお、この映画で共演したオードリー・ヘップバーン、メル・ファーラーは、これをきっかけに、結婚し、後、離婚している。芸能界では、よくあることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

モンロー出演の映画『ナイアガラ』を観る

あのマリリン・モンローが出演している映画『ナイアガラ』を最近初めて観た。ちょっとしたサスペンス映画。舞台は、ナイアガラの大瀑布。そこに一組の夫婦が来ているが、妻(マリリン・モンロー)は実は若い男と浮気している。夫(ジョセフ・コットン)は、気づいている。

少し遅れて、若いカップル(ケイシー・アダムス、ジーン・ピーターズ)がやって来て、事件に巻き込まれる話。若い妻は、彼女の不倫の現場を目撃していた。そこから、悪魔の展開が、、、。

マリリン・モンローのセックス・アピールを期待したが(笑)、それほどでもない。大きいお尻を振って歩くだけだ。それでも、当時は大きな話題だったようで、この映画で、彼女は、大スターの座を射止めた。映画全体としては、まずまず面白い。1953年、米国映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

半夏生 2017

今年も、はや半年が過ぎ、もう7月。文月だ。そして、明日から半夏生。半夏生は、夏至から11日目にあたる頃から5日間。今年の夏至は6月21日だったので、半夏生は7月2日頃からということになる。

この時期に、梅雨は明けると言われるが、今年は空梅雨かなと思っていたら、台風並みの暴風雨が数日続いている。沖縄では、梅雨明け宣言したようだから、間もなく、この辺でも梅雨が明けるのだろう。

そして、関西では、蛸を食して、豊作を祈る風習がある。本日も、スーパーのチラシに、様々な蛸料理が載っていた。蛸に含まれるたんぱく質やタウリン、亜鉛が疲労回復、夏バテ防止に利くということから広まった。たこ焼きでも作りますか。それとも蛸とキュウリの酢の物かな。

そして、植物にも、半夏生というものがある。冬には、枯れて消えてしまうが、この時期になると、生えてくる。ドクダミ科の多年草だそうだが、ドクダミより品がある。今のところ、ドクダミほど繁殖はしないし。もう少ししたら花も咲くのだろう。もうすぐ晴天続きの暑い夏登場だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

炊煙から考える

昔から、民の炊煙が上がらなくなると、経済の停滞を意味する。仁徳天皇は、民のかまどから煙が立ち上らないことから、「向こう三年間、税を免ず」と詔を発して、たちまち、民のかまどから煙が立ち上るようになったと『日本書紀』にある。

2016年度の一般会計の税収が、当初見込みの57.6兆円を大きく下回り55兆円程度とのこと。これは前年度の56.2兆円をも下回る数字。原因は、どこにあるのか。

ただ、現在の日本では、炊煙が上がらいないということはないだろう。しかしながら、人口減少下にあり、その総数は減る。更に個人の家では上がらず、盛んに中食業者や外食業者の炊煙が上がっているだけ。

このような状況下、今以上の所得税減税は必要ないだろう。むしろ、税収を増やすには、法人税増税、所得税の累進強化が求められる。それに加えて、マイナス金利を解除することだろう。これが税収を大きく減じている要因であることは明らか。

財務省は、国債残高の多さによる財政基盤の不安定さを解消するため、日本銀行と組んでマイナス金利を実施しているのだろうが、これはむしろ財務省の健全な努力を阻害するものだろう。

金融機関の経営努力が足りないのは確かだが、その利益の源泉を、はねても、いつまでも長続きはしない(*注1)。ある識者によると、マイナス金利は、形を変えた新たな税金という指摘もある。

更に、マイナス金利の経済効果は限定的で、むしろ負の効果の方が大きい(*注2)。それに加えて、いわゆる「気分が高揚しない」ため個人消費の足を引っ張っている。人口減少下においても、消費は気分。円安になって輸出に有利であっても、輸入には不利で個人消費の足を引っ張る。

当面、減税は不要(消費税は減税するか、近い将来も上げないでもらいたいが)だが、マイナス金利は早期に解消が求められる(マイナス金利を税と考えれば、実質減税になる)。これが決断できなければ、税収の回復は全く期待できないだろう。

以前にも述べたが、現在の日本は、不労所得をいかに上げさせるかに尽きる。古い考え方に囚われると有効な政策は打てないだろう。政策転換が求められる。

*注1

金融機関が経営努力しなくなったのは、金融自由化により、銀行と証券の一体化政策が採られた結果とも言える。金融機関は、安易に利益を上げられる手段を得て、本来の金融機能の発揮を怠るようになった。

*注2

金融機関は、低金利で、住宅ローンやアパートローンを拡大しているが、所得が増えない中でのローンを組むことはリスクが大きいし、人口減少下でアパートが増やすことは、将来、これらの経営が危機に瀕することが予測される。

*追記

話は全く異なるが、炊煙がらみの話を一つ。

武田信玄の軍師、山本勘助は、第四次川中島の合戦で、上杉軍を挟み撃ちにする「啄木鳥(きつつき)戦法」を採るが、上杉謙信は、それを察知したと言われる。それは武田軍の陣地で大量の炊煙が上がっているのを見て危機を察したと云う。

それで、謙信は、秘かに行動を起こし、先手を打って武田軍を襲っている。これで勘助の作戦は失敗した。この作戦の責任を取り、彼は討ち死にしている。ここでも炊煙を軽く見てはいけないと教えてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

仏教の世界観 その四

更に、上に行くこと四千由旬のところには、山から離れて、空中に日天・月天・星宿天の住居がある。日天・月天は、須弥山の周囲を旋回し、その一回が一昼夜となる。まだ上に行くこと四千由旬。そうすると、そこに四天王の住居がある。そして、終に頂上が忉利天(とうりてん)という帝釈天の住居である。

その上は、空居の天で、須弥山の頂上から虚空に四万由旬の高さの耶麻天から次々に兜率天(そとつてん)・化楽天(けらくてん)を経て、六十万由旬の高さの他化自在天(たけじざいてん)に至る。

そして、欲界天の上には色界天がある。ここにいる天人は、欲心は極めて低いという。ただ、欲望から離れているものの、物質的形体を離れることはできない。よって生死有限の憂いから完全に逃れることはできない。四禅天に分かれ、更に十七天に分かれる。

色界天の更に上には、無色界天がある。ここの天人は、心だけあって肉体を持たない。それゆえ、全く欲望がなく、極めて寿命が長い。受・想・行・識の四蘊だけで構成されている世界だ。空無辺処天・識無辺処天・無所有処天・非想非非想天の四天に分かれる。

非想非非想天が最も高く、一世界の最高の場所とされる。色究竟天とも言う。形ある世界の最も上位に位置する。ここを一名、有頂天という(*注)。

こうして見てくると、仏教の世界観は壮大だ。宇宙観とも言えそうだ。そんな中、人間は、悩み、悲しみ、喜び生活している。人間は、ちっぽけな存在と言えばちっぽけ。だが、仏教の世界観、宇宙観は、人間そのものと捉えれば、見え方が違ってくるかもしれない。現代の科学的見方とは別にして、十分に参考にできるかもしれない。

*注

一般に有頂天になると言えば、物事に熱中して我を忘れることだ。それほど、極めた状態。得意の絶頂とも言う。逆に言えば、一番危ない時でもある。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧