経済・政治・国際

2018年7月12日 (木)

人の分類の危うさ

人を分類するのに、よく使われるのが、血液型分析だ。A型はこう、B型はこうと、その特性を謳い上げ、区別するもの。確かに、暇つぶしには面白いのだが、根拠はないという。同じ血液型でも、地域性はあるし、親の影響もある。

ところで、政治の世界で、あの議員はタカ派だ、ハト派だと呼んで、マスコミは、区別している。そもそも、この分類は何を意味するものだろうか。

ある場合には、思想的には、右翼系だ、左翼系だと言っている。自身を勝手に、どちらかの属に居ると言って、反対方を攻撃する手段に使われているが、最早、日本では意味はない。

世の中はは複雑である。学者の世界のように、本来、割り切れるものでもない。それを何か色付けして分類するのは、学者や文化人の悪い癖だ。マスコミは、それが分かりやすいから、利用して、はやし立てる。

その結果、議員たちも、その気になって、「私はタカ派だ」「私はハト派」だと自認するようになる。大体、タカ派というのは強硬的、ハト派というのは柔軟的と捉えられているようだ。

しかし政治の世界では、どの議員も、両方持ち合わせているのが本来の姿であろう。それを時と場合で、どちらを、どのように判断するかが問われている。

つまり、政治は、現実と理想の綱引きだ。現実的に対応するか、非現実的に対応するかで、見方が変わってくる。分かりやすく言えば、崖っぷちにいるのに理想を言っても仕方ないし、そうかと言って、平時に理想も語らず現実ばかり見ているのも辛い。

最早、タカ派とかハト派という呼び方は止めるべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

理解できない高級官僚の汚職

文科省の局長(現在は官房長付)が、官房長時代、東京医科大に便宜を図る謝礼として、自分の息子を裏口入学させていたとして、受託収賄の疑いで逮捕された。

一体、なぜこのようなことをしたのか、不思議でならない。既に地位も名誉もあり、今になって、すべてを失うことをしたのだろうか。間に入った仲介者や大学側が巧妙に仕組んだのだろうか。

ここら辺になってくると、ミステリー小説に近い。確かに、贈賄側は、巧みに工作して官僚に近づいてくることだろう。特に政治家に近づいた官僚は落とし穴にはまりやすい(*注)。

政治権力を利用して、自らの地位を上げようとする官僚たちもいるが、往々にして、そこに付け込まれる。やがて、家族に、魔の手がやってくる。そして、段々、官僚常識から遠いところに行ってしまうのだ。

こういうことは、以前、松本清張の作品で、よく題材にされていた。それが今の時代に出てくるなんて、一体、どうなっているのだろうか。時代錯誤の行いと言われても仕方ない。

それも子供の裏口入学のためとなると絶句である。それほど子供を愛していたのか。あるいは親の体面のためか。最早、感覚が麻痺していたとしか言いようがない。大変残念だ。懲戒免職されても仕方ない。

*追記

昔から、医大は、お金を積んで裏口入学がまかり通るとは、よく聞いていたが、やっぱりと思わざるを得ない。そんな学生が医師になって、果たして大丈夫なのだろうか。既に、そのような医師たちは、世の中に多く存在しているのだろうか。

*注

森友絡みで政治家に配慮した財務省理財局の官僚も、彼らに近づきすぎた。同じく権力(地位)を得ようとして、政治家に配慮しすぎた結果として、落とし穴に嵌った例だ。ただ、財務省の彼に対する処分は非常に甘い(本来、公職追放が妥当)。これが財務省に対する不信感を増殖させる。官僚たちは襟を正しいほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

沖縄の中学生による戦没者追悼式における「平和の詩」

2018年6月23日の沖縄全戦没者追悼式で、沖縄県浦添市の中学生が、平和の詩「生きる」を朗読した。戦争を経験していないのに、若い人の感性は研ぎ澄まされている。彼女には、天から言葉が降りてくるのだろう。全文を掲げておこう。

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子

「生きる」

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

 

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

 

私はこの瞬間を、生きている。

 

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

 

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

 

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

 

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

 

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

 

今を一緒に、生きているのだ。

 

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

 

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

 

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

 

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

*追記

彼女のような若い人たちがいる限り、日本も大丈夫かな、と思う。多くの若い、これからの人たちは、戦争を経験しなくても、彼女のような感性を大切にしてほしいものだ。そして、後世に伝え続けて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

北朝鮮の非核化費用は核保有国が負担すべき

米国トランプ大統領が、米朝会談後、「北朝鮮の非核化費用は、日韓が負担すべき」と言ったようだが、明らかにおかしい。これは、トランプ大統領独特の観測気球とも捉えられるが、核拡散させたのは、核保有国だ。責任は彼らにある。

確かに、北朝鮮が核を持つことによって、近隣諸国に、リスクがあるが、非核化の費用を日韓に頼るのは非常識。むしろ核を持っ国々によって処理されるべき問題だ(特に米国と中国、ロシア)。

すなわち、北朝鮮の非核化費用は、非核の日韓ではなく、核保有国が負担すべきだ。安倍首相は、トランプ氏の意向を汲むような発言をしたが、大きな間違いだ。こんなことで国民負担を増やして、どうするのか。

日本は、せいぜい、非核化がなされた後で、日朝の話し合いの中で、インフラや「平和産業」(*注)に投資できる。よって、日本が投資できるのは、かなり先の話になる。

政府は、米朝会談に煽られて、日朝会談を、セッティングすることに傾きつつあるが、当面、意味はない(拉致問題にしても、長年、国が放置してきたつけがあり、今や、すぐに解決する問題ではない)。

*注

「平和産業」とは、武器製造に転換できない産業を指す。例えば、自動車産業は、厳密には平和産業ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

日本の物価は上がらない!

日本銀行のお偉方が、額を寄せ合って、「なぜ物価が上がらないのか」悩んでいるらしい。でも、今更、何をという感じ。以前にも記したが、こんなに充足した日本で、物価を上げるのは至難の業だ。

まず、必要なものは、ほとんど揃っているし、特に買わなければならないものはない。更に、人口減少が需要を更に縮小させている。

ところが、経済活動等というものは、常に売り上げを追い求めているから、売り上げを確保しようと、購買力のある流通業者は、需要喚起のために価格を常に下げようと努力する。

更に、世界の中の日本なので、国内だけでなく、世界中から安価な物は流入するから、物価は、むしろ下がる。世界中の賃金水準が同じになって、初めて、物価の下落が収まることになる。

しかしながら、不思議なことに、国内では、人が足りないから、AIだ、ロボット生産だと価格を下げる方に注力する。更に、物は世の中に溢れることになる。

結局、世界の人口が収縮しない限り、この傾向は続くことになる。最早、物価を上げることに熱心になるより、別の方策が求められる。日本銀行のワンパターン思考では、何も解決しない。

*追記

基本的に、現在の経済状況では、資金量を増やすのではなくて、中小企業に配慮しつつ、資金量を徐々に絞ることが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

日本の観光政策は正しいか

現在、観光関係は、外国人観光客の増加で潤っているとは言うものの、実際は、それほどでもないとも聞く。もちろん、彼らが望む観光資源を活かしたところは成功している。だが、皆が皆、いい成果が上がっているとも言えない。

ただ、この成果は、円安効果であることは間違いない。本来、観光政策は、円安であろうとなかろうと、日本に来てくれる外国人観光客を対象としなければならないのだが、政府は、ただ観光客数を増やすことに熱心だ。そのために、本来望ましくない対策を講じなければならないことになっている(例えば、民泊)。

この流れは、あまり望ましくない。観光客は以前のように所得制限して、選別することが本来望ましい。また現在は、免税範囲を拡大して、国民経済的に非効率なことをしている。これは数字を欲しがる政権の歪と言えないこともない。

いずれ本来あるべき観光政策に修正されるとは思うが、望ましくない観光客が日本の資源に悪い影響を与えているのは望ましくない。やたら外国人観光客を増やす政策は、早く止めるべきだろう。

*追記

そもそも長い年月をかけて観光国として発展してきた諸国と、拙速に、外国人観光客数で競うのはナンセンス。本来、じっくりと観光資源を見極めながら、保護する資源と公開する資源とを分ける必要がある。

その上で、それらの観光資源に関心のある海外の人々を招くのが「観光」というものだろう。単にイメージで日本に来られても、継続的な訪問につながらない。いろんな資源ごとに、海外旅行客の開発が望ましい。数を追った拙速な観光政策は、内外の混乱を増すだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

立憲民主党は保守政党

現在のところ、かつてとは、大きく政治状況は変化した。変わらないのは、多数を握る自民党の独断政治だけだ。そして、昔の自民党と違って、派閥間の競争もない。それが政権を堕落させている。

また、そこから抜けようとする勢力もない。それは禅譲を期待するような政治家や、尤もらしい主張をするが、人気取りに見える政治家では、現在のトップに対抗はできないからだ。そのようなタイプに、今更、自民党を抜けて、一旗揚げようとは思わないだろう。

むしろ、期待できるのは、野党の立憲民主党だ(*注)。この党は、一部の右寄りの人たちから、「左より」の党と見られているが、実際は、そうではない。確かに旧社会党系の議員はいる。しかしながら、政策や考え方を、つぶさに見ると極めて保守的色彩の強い政党だ。それは枝野代表の発言からも明らかだ。

もちろん、自民党の一派閥程度の勢力しかない現在の党勢では、自民党に対抗できるとは思わないが、この党の真の姿勢を知り、自民党がいい加減な政権運営を続ければ、保守的な人々の支持を受けることも可能だ。それは保守の論陣を張る産経新聞の論調を見ても明らかだ。

これに対して、現在の安倍政権は、政権運営で、やや自信過剰になっている。また政治運営や政治姿勢にも問題がある。そして、やっていることと言えば、保守というより革新に近い。もちろん、すべての政策が間違っているわけでもない。でも、かつての自民党の政策とは大きく異なる。それは安易に米国の要望に従うからだ。

立憲民主党が、すぐに政権を握ることはないだろうが、国民が納得する政治姿勢を見せれば、遠い将来、政権が移動する可能性も否定できない。自民党内に、現在のトップに対する対抗馬が育たない(あるいは育てない)現状、やはり、政治は、政党間の競争環境下、切磋琢磨する方が望ましい。

*注

ただし、立憲民主党は、党ができて日が浅く、基盤も、まだできていない。今まで、野党は、主義主張が異なるのに安易に合従連衡し、多くの失敗を重ねてきた。同じ志を持つ者のみで今後も進められるかどうか。この党が成長するかは、今後の展開次第。

*追記

ちなみに立憲民主党の枝野氏の考え方は、自民党の岸田氏に近いように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

パージが求められる日本の組織

最近、日本の各方面の組織の弛みが目立つ。最近の例だけでも、財務省理財局の文書改竄(ざん)問題、日本大学のアメフト問題より発した統治の問題、企業の各種データ改竄問題、神戸市教育委員会の不都合な情報隠蔽等がある。

これらは組織の惰性、弛みが原因だ。すなわち緊張感が足りない。本来、組織には、それぞれ与えられた使命がある。ところが、それを放棄して、自己保身に熱心になっている人々を生んでいる。

基本的におかしくなった組織文化をただすには、トップを含めて管理責任者をパージするしかない。パージとは、「一掃、抹消、粛清」の意味がある。戦後、戦犯が、公職追放された。それと同様の措置である。

ところが、問題組織は、現在、必死になって自らを守ろうとしている。そして、周辺も、きっちり処分しようとしていない。処分が非常に甘いのだ。公務員であれば、懲戒免職含めて、公職追放して、3年間は公職に就くことは不可、というぐらいの処分が適当だ。

他の民間組織にしても、ドラスティックな改革をしないと根本的な解決には覚束なく、組織的問題は解決しない。今こそ、日本の各不良組織に、パージが求められ、清新な緊張感のある組織に衣替えが必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

ペット規制と社会コスト

日本は、ペットの輸入に関して甘いようだ。また一般人が、ペットを飼うことに関しても規制は緩い。その結果、いろんな不都合なことが起こっている。一番多いのが、飼育放棄。買い始めた時は、可愛く思った動物が、異常に大きくなり、手に負えなくなり、屋外に放棄するものだ。

このことにより、捨てられた動物が、捨てられた環境に馴染み、従来、棲んでいる動物たちが食い荒らされたり、追いやられて棲み処を失っている。その結果、生態系が破壊されるに至っている。

いい加減、ペット規制をしないと、困ることになる。また、ペットではないが、天敵を輸入した結果、それらが繁殖して、現在では、困ったことになっている例も多い。海外からペット類を輸入するには、その後のことの慎重に考える必要がある。

そうしないと、社会コストが増えて、国民は彼らのために余計な負担をすることになる。何とか規制してほしいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

策に溺れる北朝鮮

一般に、北朝鮮の外交は、ロシア仕込みで巧みだと言われる。確かに、日本を含めて、各国は、この国の外交政策で翻弄されてきた。ただ、それがため、信用は、どこの国もされていない。策士策に溺れる、の典型である。

今、米朝会談をやるにあたって、巧みに交渉していると言われる北朝鮮。今度は、中国の後ろ盾を得たとして、強気になっている。だが、このやり方は危ない。なぜなら、米中はテーブル下で、「握っている」からだ。

仮に最悪の事態になって、米国が北朝鮮を攻撃しても、中国は支援することはない。むしろ、それを口実に、中国軍を北朝鮮に派遣して、支配下に置こうとするだろう。そして、最終的には、米中による北朝鮮支配になるものと思われる。

それが果たして、北朝鮮の望むことなのだろうか。ここは静かにして、米国の意向を全て、くみ取り、それに従う方が賢明だろう。米国は、どの政権でも、基本的にビジネス優先主義。考え方によっては、他国と比べて、ある意味、分かりやすく、やりやすい国だ。

それに米国が北朝鮮を守るというのなら、守ってもらえばいい。すなわち、中国は嫌がるだろうが、米国の核の傘下に入ればいい。その先進的な例が日本だ。確かに、プライドは、幾分、傷つけられるだろうが、その後、交渉で、丁々発止とやればいい。

*追記

仮に北朝鮮が米国と同盟関係になれば、日本の役割は低下する。すなわち、米国が大陸に対して朝鮮半島で各地域を睥睨することになるからだ。一部に言われるような、米国から軍隊を撤収することはないだろう。むしろ強化される。そうなれば、日本の役割は二次的なものになる。そして日米安保も変質していく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧