考え方

2018年6月23日 (土)

沖縄の中学生による戦没者追悼式における「平和の詩」

2018年6月23日の沖縄全戦没者追悼式で、沖縄県浦添市の中学生が、平和の詩「生きる」を朗読した。戦争を経験していないのに、若い人の感性は研ぎ澄まされている。彼女には、天から言葉が降りてくるのだろう。全文を掲げておこう。

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子

「生きる」

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

 

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

 

私はこの瞬間を、生きている。

 

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

 

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

 

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

 

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

 

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

 

今を一緒に、生きているのだ。

 

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

 

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

 

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

 

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

*追記

彼女のような若い人たちがいる限り、日本も大丈夫かな、と思う。多くの若い、これからの人たちは、戦争を経験しなくても、彼女のような感性を大切にしてほしいものだ。そして、後世に伝え続けて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

耐えること

世の中、冷や飯を食うことを嫌がり、常に勝ち馬に乗ることを目指す人々がいる。そのためには、自分の主張を曲げ、大勢に屈することも辞さない。別の言葉では、日和見主義とか風見鶏とも言う。

こうした生き方が悪いとは言わないが、自分の信念を貫くというのも、一つの生き方である。いつも日向に当たり、冷や飯を食わない人物は、どうしても人間が涵養されず、底の浅い人間になりがちだ。

そうかと言って、ずっと冷や飯を食い続けるのも苦しい。どこまで耐えられるか。多くの人は、皆、試される。長く耐えられた人は、多くの困難に直面しても、なんとかやっていける。少ししか耐えられない人は、ちょっとした困難で音を上げる。

昔は、若い時は辛抱が肝心とよく言われたものだが、最近は、「辛抱」という言葉が流行らないようだ。もちろん、耐えるだけでは駄目で、「こんちくしょー、こんちくしょー」という思いが、自身を強くすることを若い人は認識してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

老骨に鞭打つ人

どこかの国の副総裁は財務大臣も兼務されており、財務省の不始末から、その管理責任や任命責任を問われ、各方面から辞めろ辞めろと言われても、粘り強く頑張っておられる(笑)。これは高齢の彼が老骨に鞭打っているように見える。なぜ、こんなに頑張るのか。

高齢社会下、高齢者が頑張るのもいいが、出処進退を誤れば、若い人たちにも悪影響が及ぶ。いつまでも地位にしがみついていると、かえって老醜をさらすことになる。彼は、それなりの美学があるようだが、実際は、活かしきれていない。

今こそ、「老兵は去るのみ」と後進に道を譲り、後輩を育成する時と決断すべきだ。良くも悪くも、今がチャンスだ。

*追記

もちろん、彼は財務省のトップとして、責任は免れない。ぐずくずと辞任しないのは、政治家としてのレベルの低さと言える。まさに老害だ。

*追記

マスコミが、彼を批判するのはいいが、彼の背広の価格にまで言及するのは少しおかしい。彼くらいの地位の人だと、それなりの背広を着用する必要がある。それを無視した批判は頂けない。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、というのは宜しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

目立たない花たち

花桃や源平桃、ハナズホウは満開だ。紫色のスミレも、集団で一斉に咲く。黄色のフリージアも元気に咲き始めた。また椿類も咲いている。椿の岩根絞りは派手な和服のイメージ。同じく、椿の清玄桜姫は、その名のように華やかなピンク色。彼らは、皆、それぞれ春に相応しいく華やかな側面を持つ。それゆえ、人間の目を楽しませ、春になったなあと思わせる。

ところが、草抜きをしていると、気づくことがある。それは目立たない花たちだ。まずアオキ。茶色ぽい小さな花だ。拡大すれば、私が言うのもなんだが、結構可愛い。それからギンモクセイ。白い花だ。匂いはキンモクセイほど、よくないが個性のある匂い(実際は、少し嫌な臭いかも)。

そして、なんとなく咲いているアセビの透明消しの花も目立ちにくい。フッキソウも、よほど注意をしないと分からないが、小さな花らしきものを付けている。

人の場合も、目立たない女性はいる。目立つことが嫌なのだろうか。おとなしい人たちだ。そうかと言って、最近は彼女たちも、昔の女性のように、かいがいしく働くということもない。むしろ自分の存在を消そうとしているのではと感じられる場合もある。

誰かが、彼女らの存在を認めて、明らかにしていくことも大切だ。そして、彼女らも彼女らなりの存在感を示すことは重要だ。自分の個性を認識して、自分なりの価値観を持つ。人は一人では生きていけないとはよく言うが、周辺に積極的に関与していくことで、自分の存在感を発揮することも、時に必要だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

愉快なこと

歳を重ねると、段々、愉快なことが無くなる気がする。健康面の不安もある。でも、本当は、愉快な気分で毎日を過ごしたい。いくら辛くても、しかめっ面で暮らすと、より辛くなる。心の中に愉快を探す工夫が求められている。そういう時、若い人が頑張っている姿を見ると元気づけられる。若いって素晴らしい。

そういうと、貝原益軒は次のように言っているらしい。「よろこびも、かなしみも、くるしみも、たのしみもすべてこれ、わが心柄によって、いかようにもうごくものなり」。納得。

また「わが耳、目、口、鼻、形の五官、外形にまじわりて、いろを見、こえを聞き、ものを食い、香をかぎ、うごき静かなる五つのわざ、より少なく、よきほどに過ぎざれば、おうさ(往さ)きるさ(来るさ)ことごとく楽しからざるなし」とも言っている。名言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

恩を返すということ

人は知らず知らず多くの援けを受けて生きている。そういうことが分かり始めたのは中年になってからだ。最初は親の恩、周囲の人々、関係する人々、その他、目に見えない他人様。

ところが、若い時は、寄付をするのを、あまり積極的ではなかった。寄付しても何に使われるか不明。もちろん、寄付も有償、無償がある。お金の寄付だけとは限らない。

席を譲るのも、ある意味「寄付」。身体の悪い人に手を差し伸べるのも考えようによっては「寄付」と言えないこともない。

日本人には、お互い様、という言葉が示すように、相互扶助の精神はある。最近、薄れたとはいえ、まだある方だろう。恩は、神から預かったもの、という考え方もある。

恩を返し、陰徳を積むことは、将来、自分に返ってこなくても、遠く子孫に返ってくるかもしれない。歳を重ねてきたためか、最近、そのように強く思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

贈り物について

お茶菓子程度のものであっても、自分で食して美味しいものを持参せよ、とは母からの教え。もちろん、嗜好は、それぞれ異なるので、それでも失敗することはある。よって、一番は、相手の好みを把握した上で、商品の選択をするのがベスト。

よく、あそこのお菓子は評判がいいから、相手の方は喜ぶだろうというのは大きな間違いを生む。評判だけで選択してはいけない。贈り物は心を贈るつもりが大切とは祖母の教え。今、思い出すと、彼女らは大切な「言葉」を遺してくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

人の寿命は分からない

ある俳優さんが急死した。年齢も近いから、明日は我が身かと不安になる。いつか死ぬと分かっていも、自分だけは、そう簡単に死なないと思っている甘さ。人の寿命は天のみ知っていると祖母がよく言っていたが、その通りかもしれない。

というのは、私は子供の頃から体が弱く虚弱体質と医師に言われてきた。それゆえ、子どもの頃は、親に対して、「お宅のお子さんは成人できないかもしれない」と度々伝えられている。母は悲観して気が滅入ることもあったそうだが、お百度詣りもしたという。

ところが、高校生の頃、母は担任の先生に、「お宅のお子さんは30歳まで生きることは難しい」と面談で言われたという。この時、複雑な気持ちになったそうだ。かつて医師が言っていた20歳より10年寿命は延びたが、それでも、まだ30歳。

しかしながら、母の願いが通じたか、20歳になっても死ぬ様子はなく(笑)、無事、大学を卒業した。そして社会人に。働きだして、体が少ししっかりしたのか、30歳になっても死ぬ様子はなかった(笑)。

その後、海外交流会で知りあった女性から、「あなたは、とてつもなく長生きをする」と言われたが、冗談だと思った。このことは以前にも記したかもしれない。人は他人の寿命に関して、いい加減な発言をするものだと改めて認識した。

そして、両親が亡くなった後、ついには還暦を過ぎた。ただし、体内は、一部相当傷んでいて、長生きは難しいと今、最近、医師に言われている。確かに現代医学の進展がなければ、もうとっくに天国に召されていたかもしれない。

でも、今までの経験から医師の寿命予測は怪しいものだと思っている(笑)。それゆえ、余りの人生を面白、可笑しく生きたいものだとつくづく思う。医学的見地だけで寿命が決まるとは考えたくない。寿命は誰も分からないだ。

確かに寿命は天のみ知るものかもしれない。但し、最近、寿命は自身が決めるものかもしれないと感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

物に支配されないということ

昔、台湾銀行の課長をしていた小笠原三九郎(1885~1967)という人がいた。後に吉田内閣の時に、通産大臣や大蔵大臣になっている。彼は鈴木商店の破綻処理を担当した。

その時に、「自分には私利私欲が一切ない」と、うそぶく鈴木商店の実質経営者で大番頭の金子直吉に厳しい言葉を投げかけたことは有名。

それが「あなたは所有欲はないかもしれないが、使用欲については天下無類である。今後私欲がないなどと絶対言わせません」だ。これには金子も反論できなかった。

その彼が四つの宝を指摘している。それが、一に健康、二に信仰、三に信用、四に智恵、を挙げている。そして、これらは「自分の注意力と努力」で身に付けるとしている。

よって、「人間、いかに財宝を積み重ねても幸福にはなりえない」としている。仮に、そういう人たちがいても、物に支配されるようになれば、心も物に支配される。

続けて彼は、次のように語る。「人間の幸福は心の持ち方次第で、決して物の持ち方次第によるものではない。自分自身を物の下に置いてはならない。常に物の上に心と身を置いて、それを自由自在に働かせることこそ、本当の生き甲斐というものである」と。

彼の人生観が政治にも活かされた。最近の大臣たちは、このようなことを語るレベルにも達していないように感じる。いや、語れないだけか(笑)。残念ながら、彼らから人生観は聞こえてこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

ある実業家の蓄財

明治期に活躍した豪商・明石家の9代目、渡辺治右衛門(1848~1909)は、実業家、銀行家、政治家として知られる。その彼が蓄財術について次のように語っている。

「(金は)まず握ったら離さぬこと」

「欲しいものがあっても、すぐに買わない。まず3日間は、じっくり考える」

「そして、買わないことにする」

まるで漫才か落語のネタのようですが、実際に彼が言っていることです。確かに、そうすれば、お金は貯まるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧