考え方

2018年1月19日 (金)

部下の信頼が高かった大野治長

徳川家康は、豊臣秀頼と会見して、その美丈夫ぶりと聡明さを知って、危機感を持ち、早く豊臣家を滅ぼさなければ、徳川家が危ないと感じたようだ。それで、いろんな策謀を用いて、豊臣政権を揺るがして行く。その一つが最近よく使われる言葉のフェイクニュースだ。

つまり、あることないことをいかにも事実のように伝え、相手方を混乱させ、あるいは分断させる。有名な話が、秀頼は大野治長と淀殿が密通して生まれた子というもの。それが事実であれば、秀吉の本妻の寧々の勢力を分断できる。

実際のところは分からないが、噂は流布し、見事に、徳川の思惑通りに展開していく。果たして、大野治長は、そのような人物だったのだろうか。淀殿の信頼は篤いものがあったにしても、大野治長を悪人として捉えるのは江戸時代の創作のようにも思える。

彼について次のような話が伝わる。大阪城で敗戦を覚悟した大野治長は、草履取出身の米村権右衛門に、遺子(女子)を委ねる。彼は、大阪の陣で士分に取り立てられ勇戦した。戦後、彼は遺子を連れて江戸に下り、ひっそりと暮らしていた。

ところが、どこから情報が漏れたのか、密偵に捕まる。幕僚たちは、大野に後事を託されるくらいだから、重大な秘密を知っているに違いないと、大阪城の財宝のありかを厳しく追及する。

しかし、米村権右衛門は真っ向から否定する。彼が言うには、「主人大野は、戦いのことばかり考えていて、財宝のことなど一言も話したことはない。それだからこそ、我々部下は死に物狂いで戦った。主人は、いつも言っていたのは、金銀財宝など、いくらあっても負け戦になれば、塵芥(ちりあくた)同様だ。逆に勝てば、敵方のものは我らのものになる。すなわち、財宝を求めず、財宝に溢れるのだと」

続けて、「私の言うことはこれだけだ。いくら拷問にかけて白状させると言われても、それは武士に対して無礼だ。どのようになされようと決して口を割ることはない」と言う。このことが家康の耳に入り、彼を赦免したという。その後、彼は、大野の遺児を養うため、浅野因幡守に士官した。

このように下級武士にさえ信頼が高かった大野治長は、それなりの人物であったと考えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

『南洲翁遺訓』を再読

来年の大河『西郷どん』を視るかどうかは、まだ決めかねているが、『南洲翁遺訓』を再読した。彼は、当時、入って生きていた欧州の著書にも影響されているというが、基本的に儒教中心の考え方だ。

それゆえ、当時、海外の文化に異常に啓蒙されていた人々を揶揄する感じで、遺訓を残している。基本的には、日本人としての主体性を失わず、いろんなものを観察する目を養い、かつて営々と築き上げた文化を大切にせよと言っている。

大河関係で、最近、この書籍の解説書が出版されているが、若い方は、まず西郷の言葉を自分なりに解釈することをお薦めする。

その上で、解説が必要と思えば、解説書を読んでもいい。ただ、解説書は、わかりやすい面もあるが、解説者の意思が含まれ、西郷の意図を反映していない場合もあるので注意が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

漱石の「個人主義」見解

学生の頃、教科書か参考書で、夏目漱石の『私の個人主義』の一部を読んだが、今回、全文を初めて読んだ。そもそも、これは学習院での学生を前にした講演記録だ。読んでみて思うのだが、もっと早く全文を読んでおくべきだと感じた。基本的な趣旨は次のようになっている。

「第一に自己の個性の発展を仕遂げようと思うならば、同時に他人の個性も尊重しなければならないという事」。

「第二に自己の所有している権力を使用しようと思うならば、それに付随している義務というものを心得なければならない事」。

「第三に自己の金力を示そうと願うなら、それに伴う責任を重んじなければならないという事」。

更に別の視点で言っていることは、次のことだ。

「事実、私共は国家主義であり、世界主義であり、同時にまた個人主義でもあるのであります」と。

こうしてみると、彼は、なかなかバランスのとれた考え方をしていたとわかる。これ以上、変に解説すると誤解を招きかねないので、未読の方は是非、手に取って全文に目を通していただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

調和のとれた世界~『菜根譚』より

久しぶりに、『菜根譚』から。次の一文を見てみる。例によって、難しい文字がいっぱい。解釈に苦労する。

吾が身は一小天地なり。

喜怒をして愆(あやま)らず、

好悪をして則あらしめば、

便(すなわ)ち、是れ燮理(しょうり)の功夫なり。

天地は一大父母なり。

民をして怨咨(えんし)なく、

物をして氛疹(ふんしん)なからしめば、

また、是れ敦睦(とんぼく)の気象なり。

解釈に絶対的な自信がるわけではないが、一応記す。「燮理(しょうり)」とは、「ほどよくととのう」を意味する。「怨咨(えんし)」は、「怨みや嘆き」のことのようだ。「氛疹(ふんしん)」は「禍を病むとか不吉に悩む」というような意味だろうか。「敦睦(とんぼく)」は「親切で仲がいいとか、真心があって親しい」というような意味。

一応、まとめて解釈すると次のようになるかもしれない。

「(よく言われるように)吾が身は、一つの小宇宙を形成している。(よって他の存在を尊重し)喜怒で、判断を誤らず、好悪においても、その域を超えず一定の範囲に留めれば、それが調和のとれた工夫というものだ。

(広く見れば)天地は、私たちの大きな父母である。心理面では、民の怨みや嘆きを無くして、物質面では、禍や病をもたらすものを失くせば、人々が皆、親切に仲良くやっていくだろう」ぐらいかな。

解釈を見ていくと、老子的見解が溢れている。物事を大きく捉えるようにする習慣は大切だ。そうすれば、本質を見失うことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

蘆花の「写生帖」から

徳冨蘆花の『自然と人生』の中に「写生帖」という項目がある。それは彼が感じたことも記している。ただ、その中には見聞きしたことに共感して、そのまま載せている。例えば、次の一文がある(現代表記に変更)。

「わたしは普段そう思うのですよ、人間はどんなことがあろうと、決して自棄(やけ)を起こすものじゃありませんね。それは、もう海人(あま)が塩焼くという世知辛い世の中ですもの、五十年七十年の間には随分憂い辛いこと、たまには死にたい程悔しいこともありますわ。意地の悪い天道様、自分一人を継子になさって、ああいやだいやだ、いっそ舌でもくい切るか、淵川へでも身を投げてしまおうと、こう思うこともあるのです。

でもね、ここが人間一生浮沈の別れ時で、その処を眼をねぶって、じっと持ちこたえていさえすると、天道さまの秤(はかり)は、すぐとまた逆戻り、沈むだものは浮き上がって、枯株にも芽がふきます。ここの辛坊ができないで、つい自棄から一生を、ささ(酒)は憂さにして仕舞うというは、情けないわけじゃありませんか。」

明らかに女性の発言のように思う。彼は、よく遊びに行く花柳界で生きてきた年輩女性の生きざまの言葉に共感したのではないか。どこにも言葉は落ちているということだろう。問題は聴く姿勢があるかどうかということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

自然体~平常心是道

よくスポーツ選手が勝利した時のインタビューで「平常心で頑張りました」というのを時々聞くことがある。私も、若い頃、感情のブレを抑えるため「平常心」を座右の銘にした。そして、彼らは一律に「へいじょうしん」と言っていたが、私も、最近まで、そのように読んでいた。

ところが、最近、禅語を読んでいると、実は「びょうじょうしん」とある。それが正しい読み方らしい。「へいじょうしん」と「びょうじょうしん」の違いは、分かりかねるが、それなりに意味があるのだろう。

ところで、この「平常心」という言葉は、『無門関』という禅の書籍にある。南泉普願禅師と、その弟子趙州との問答の中に出てくる。趙州が南泉に「道とは、どういうものでしょうか」と尋ねる。そうすると、南泉が、答えたのが、「平常心是れ道」。

そう聞けば、「平常心とは何か」と思いたくなる。趙州は、「平常心になるためには、どのように心を向ければいいのでしょうか」と尋ねる(ここからは完全に禅問答なので略す)。ところが、心を向ければ、心は難くなる。それでは、平常心ではいられなくなる。

言い換えれば、努力して得られるものでもない。只管修行して、無の境地に入るしかない。そこには雑念など何もない。全ての価値判断のない自然体が目指すべき道なのかもしれない。そうすれば平常心も意識外のものとなる。

簡単に、「平常心」と言っていた私が、少し恥ずかしくなる。なかなか大変な世界なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

“瞑想”は突然やって来る

仕事などで企画で悩んでいた時、人と会話していて、突然、全く異なる考えが浮かぶことがある。その時、相手の話は全然耳に入ってこない。しばらくすると、相手が訝しそうに、こちらを見ている。そういう経験は誰しもあるだろう。

哲学者の三木清は、「瞑想は、つねに不意の客である」(*注)と指摘している。その時、浮かんだことは、新しい考えだったり、アイデアであったりする。それをきちんと記録していくと、後日、役にたったりする。

つまり、“瞑想”は計画的なものではないということになる。生きていると、いろんなことが起こるが、人間というものは、つくづく不思議なものだと思う。

*注

この「瞑想」は「着想」に近いように思う。なお、このような着想は、寝ていても時々ある。そんな時は、ぱっと起き上がって記録した方がいい。賢明な人は、寝間に、ペンとノートを用意されている。ただ、こういった着想は、追い詰められた時にしか出てこないのも確かである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

三木清の『人生論ノート』を読む

社会人になってから、専門書ばかり読んでいる私を懸念して、父から、歴史書や哲学書を読むように注意されたことを以前にも記した。なぜ学生時代に言ってくれなかったのかと多少恨んだが、仕方ない。仕事の合間を縫って、それらを読んだものだ。

もちろん、それは無駄ではなかったと思うが、最近思うことがある。父は、本を読んでも、基本的に読み終わったら処分することが多かったので、蔵書は極めて少なかった。ただ、その中に、三木清の『人生論ノート』があったことは記憶している。しかし、なぜ、この本を薦めてくれなかったのか。あるいは、私が聞き逃したのか。

その『人生論ノート』だが、蔵書の入れ替えはあったはずだが、父が亡くなる寸前まで、この本は、珍しく蔵書としてあった。最近、遅まきながら、それを思い出して、この本を手に入れた。三木清は、兵庫県たつの市生まれの哲学者だ。ドイツ、フランスに留学して、帰国後、マルクス主義哲学、西田哲学を研究した。

1930年に、治安維持法で検挙され、1945年に反戦議員を匿った罪で逮捕され投獄。終戦を迎えるも、釈放されず、獄中で死亡した。なお、念のために記すと、彼はマルクス主義者ではない。研究しただけだ。当時、当局は、変な理屈をつけて、多くの人を不当逮捕している。残念ながら、共謀法にも、そういうリスクを含んでいる。

さて、その『人生論ノート』だが、極めて簡略に、物の見方をまとめている。父が生前、各種判断の拠り所にしたのではないかと思う箇所が何か所もあった。父に何事も相談すると、いろいろアドバイスしてくれたが、恐ろしく、ほとんど間違いはなかった。まさしく正鵠を得るというものであった。

いろんな歴史書、哲学書を読むのもいいが、遠回りしないためにも、まず三木清の『人生論ノート』を若い人は読むのを勧めたい。理解できない部分は、読み飛ばしてもいいだろう。後日、理解できる時が来る。

文庫本で、170ページほどで、「死について」から始まり「個性について」まで、23項目について短く論じているので読みやすい。いろんなことを考えたり、判断する材料にはなる。一旦通読して、その後は、それぞれの関心事を、その都度、読み直すのもいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

公照さんの自戒自守

姫路市生まれで、東大寺第二百八世管長だった清水公照さんが、自戒自守として、六つの言葉を遺している。

 一、なまけるな

 二、おこるな

 三、いばるな

 四、あせるな

 五、くさるな

 六、おごるな

*追記

なお、先日、中谷元前防衛大臣が、国民を馬鹿にしている安倍首相への忠告として、五つの言葉を紹介していたが、似ているので、取り上げておく。五つの言葉の頭は、「あいうえお」となっている。

 一、あせらず

 二、いばらず

 三、うかれず

 四、えこひいきせず

 五、おごらず

こちらの方が覚えやすいかも。ただ、このアドバイスは最早手遅れの感。安倍政権支持率は20%台に急降下している。野党の質問は、国民の疑問なのに、不誠実な回答をしているためだ。今までの政権で一番ひどい。国民を愚弄していると多くの人が感じている。

*2017年7月10日追記

どうも中谷氏は標語の名人のようである。都議選の自民党の大敗北の原因を「THIS」と名付けたり、今回は、権力者のあるべき聴く姿勢として、「かきくけこ」標語を挙げている。

 か 家内の言うこと

 き 厳しい意見

 く 苦情

 け 見解の異なる人

 こ 「こんな人たち」

「こ」は、安倍首相が選挙応援中に、非難されて、返した言葉として有名になったことを踏まえたもの。

*2017年7月17日追記

伊吹元衆議院議長が、政治家の「失言を防ぐ6つの“た”」を提案しているので、参考までに記しておく。

一、立場の“た”(わきまえる)

二、正しいと思って言う時

三、多人数の場で話す時

四、旅先で笑いを取ろうとすると舌が滑る

五、他人の批判

六、たとえ話は非常に危険

まあ、これは一般人にも言えるかも。特に、それなりの地位にいる人は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

李下に冠を整さず、というと

どこかの首相が、学園関係者に便宜供与したのではないかと前々から話題になっている。強い指示をしていたという状況証拠から言うと、かなり怪しいことは確かだ。少なからず、彼らと交流があったことから、その疑念は深まるばかり。

首相に限らず、トップにある人は、その職務権限において、他者から怪しまれるようなことはしてはならないだろう。法律上は問題なくても、そのような立場に身を置くことは好ましくない。

昔から、李下に冠を整(ただ)さずと言うが、今回は、この話の謂れを取り上げよう。中国・戦国時代の話だ。斉は威王が位にあった。国内は、佞臣(ねいしん)周破胡に握られ混乱していた。彼は有能で自分に都合の悪い人間を除外し、能力的に自分の意のままになる出来の悪い人間をかわいがった。

これを見かねた後宮にいた虞姫という女が「周破胡を退け、賢明な北郭先生を用いるべきだ」と大胆にも王に訴える。ところが、このことが、周破胡の耳に入ってしまう。彼は、そのことを恨んで、虞姫と北郭先生の二人の関係は怪しいと言いふらす。

このことにより、王は虞姫を幽閉する。破胡は、これ幸いと買収した役人を使って彼女を罪に落とそうとする。ただ、王は、この調べ方に疑問を持って、改めて虞姫に直接、質(ただ)す。

彼女は、「王のために尽くしてきました。よこしまな人間に陥れられたけれど、私は潔白です」と主張。更に、「『瓜(か)田で履を履き替えず、李下に冠を整さず』というように疑われることを避けなかったこと、幽閉されても誰一人申し開きしてくれる人がいなかったことが私の至らなさです」と言った。

そして、「群臣が皆悪いことをしている中で、破胡が最も悪いことをしている」と再度、警告する。王は、その真心のある言い分に目が覚め、即刻、佞臣を罰し、賢臣を改めて任じて、国政は安定することになったという。

為政者は、常に用心深く、慎みを忘れてはならない。他人から、怪しいと嫌疑をかけられるような行いや言動は極力避けなければならないと先人は教えている。教養のない政治家が跋扈すれば、国政は危うい。

*参考

「李下に冠を整さず」は、『文選』・楽府・君子行にある。この文の前に、「君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に處(お)らず」という一文がある。意味は、「君子たる者は、人から疑いを招くようなことを未然に防ぎ、嫌疑をかけられるようなことはしない」ということ。

某国の首相は、その点で非常に甘く、三流政治家の域を出ない。周囲の佞臣たちは、それをいいことに彼を利用している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧